人生の限りある時間

人生とは、人が生きる時間と考えます。
何故、生まれてきて、死んでいくのかは、自然が作った物なので、考えるだけ無駄なことに思います。

人が生きる時間

人が生きている時間は、地球が作られてからの時間から見ると、ほんの一瞬の出来事です。
ただ、我々人類の中の個人の本質は、動物も虫と変わりなく、次の世代につなぐことだろうと思います。
自然の摂理から考えると、親から子へ、子から孫へとつなげていくことが、動物としての本能だろうと考えます。

お金と時間と感情と

 一方、我々の人生の時間の大部分は、我々の欲求を満たすために使われる時間ということになります。
現代の欲求を満たすために使われる道具に、お金という仮想的な価値があります。
お金という価値は、他人の時間を使うことができてしまいます。(仕事は時給いくら、月給いくらで計算されます。)
お金は物を買うこと以外に、人の行動や感情までをも悪い意味でコントロールできていることに、お気づきでしょうか。
先の国同士の戦争も、人の欲望の延長戦に起きた出来事と考えると、すっきりと納得できると考えます。
お金のために、強盗、窃盗、詐欺などは、言うに及ばず、様々な争い事の原因です。

自由と時間

時は金なりといいますが、時間とお金は同じように貴重で無駄に浪費しないで、有意義に使いましょうということ。
我々現代人は自分の人生の時間を差し出して、お金という価値と交換しながら、衣食住を得て生活をしていると言えるでしょう。
しかし、我々の人生の有限の時間を仕事に全て費やすことには、私自身は、めんどくさいと思うようになってきました。(国家政策では、お年寄りも仕事をしましょうですが)
人生100年時代と言いながら、実際に元気で自由に生活できるのはもっと短いはずです。
ならば、元気な体で、自由な時間を、自分のために、家族のために、世の中のために使ってみるのも良いことのように思います。
自由とは自分の責任で行動することだと考えていますが、お金のために、自分の時間を全て他人のために使うことは、自分の人生を無駄に生きたように感じます。(自分のしたい仕事ならば良いが)
海外では、老いて死んでいく人を看取る職業があって、大半の人たちは死際に、「何で、こんなに働いてばかりいたんだろう」という言葉でした。
現代の幸せと、お金の関係は、ある金額から、それ以上の幸福感はなかったそうです。

自分で自由に考えて使える時間を、自分自身に使える時間、お金から自由になれる時間、そんな時間が作れると、生まれてよかったな、めんどくさくないなと思えるのかもしれませんね。

※この文章はjune-2020に書きました。POP KARAIE 唐家克也

コメントを追加


セキュリティコード
更新

About us

このサイトは、現在july-2020構築中です。

kaga ishikawa japan
Email: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

めんどうな事は、大嫌い!
でも、興味のある事は、面倒なこともいとわない。
何故だろう?
そんなことを毎日のように考えています。

Newsletter