対人関係のめんどくさい

対人関係の苦手なわたし、

対人関係には、対個人と対グループ集団が考えられると思います。

対個人

対個人の関係で、もっと重要なこと、それは、その個人が好きか嫌いかということだと思います。
好きであれば、どんなことも許されるし、嫌いであれば、どんなことも許すことができなくなります。
ただ、どちらでもないということも考えられます。
好きであれ嫌いであれ、興味がある対象だということも言えるのではないかと思います。
そして、どちらでもないということは、興味の対象ではないということですね。

対個人のめんどくさい

興味の対象で、好きである、ならば、めんどくさい対象にはなりにくいのですが、好きな対象が、ちょっとしたことで嫌いの対象になることが多々あります。
こうなると、本当にめんどくさい人間関係になってしまいます。
私個人は、若い頃は、誰からも好かれたいと思っていましたが、そうすると、自分みたいな優しいタイプの人間は、好かれるのだけれど、ある日突然嫌われることが多々あったのです。
特に、自分のように他者との関係を上下を作らず平等であると考えている人は、他者と接するときは、言動に十分に注意する必要があります。

グループの対人関係

グループの人間関係では、集団心理という厄介な心理状態になることが、めんどくさいですね。
戦争、デモ行進、学校のいじめ、その他の集団で起きる様々な悲劇の裏には、人間の本来持っている集団になった時の心理があると考えます。
私は、集団の中に入るときは、少し外側のポジションを取るようにします。
たぶん、集団の中心に入ったら自分の考えていることが許されなくなるのではないかと思うからです。
集団になると、互いに自分の立場を考えて行動するようになります。
自分の優位性をアピールしながら上下関係を作り、少しでも上の立場になろうとします。

対人関係の良いところ

めんどくさいこともありますが、人間の良いところは、「思いやり」そして「感謝」だろうと思います。
ただし、本来の「思いやり」は、無償の愛でなければならないと思います。
思いやった相手から、何かを返して欲しいと思った瞬間、それは「思いやり」ではなくなりますから。
そして、どんなことでも「感謝」の気持ちをなくしてはいけません。
なんか、宗教じみてきましたが、この考え方は、人間として集団の中で生きていくためには、とても重要なことと考えます。

対人関係のめんどくさいところ  

「妬み」や「憎しみ」は、本当に醜い人間の心だと思います。
この心の本質は、どうも人間が持つ上下関係が影響するのだと思います。
上下関係か対等か、「妬み」や「憎しみ」は対等で、近い関係の方が顕著に現れるのではないかと思います。
AKB48のようなアイドルとファンが近い関係は、対等な関係になりやすいので、とても難しいのではないかと思います。
福沢諭吉の 「天は人の上に人を造らず 人の下に人を造らず」の言葉のような理想的な関係は人間の本質である「妬み」や「憎しみ」のような感情をどのように制御できるか、難しい問題だと思います。

では、上下関係を作る人間関係はどうでしょうか?
人は、それぞれ対人関係を作る時に、立場や優位性を考えます。
自分の優位性を高めるために、他人を否定したり、評判を落としたり、悪い噂を流したりします。
そうやって、自分の立場を構築し、集団の中で優位に立とうとします。
でも、そんなことをして、何が楽しいのでしょうか?
対人関係のもっともめんどくさいのは、立場の近い上下関係なんだろうと思います。

対等関係を作るのは難しい

対等な関係ほど、微妙な関係は、天秤の秤のような関係かもしれません。
人間同士が全く同じということはないですから、給料が高い低い、家が大きい小さい、格好がいい、格好が悪い、など、目に見える部分で人間は異なります。
そのなかで、対等というのは、お互いの自分の中で消化することがたくさんあります。
では、どうすれば、良いか考えてみると、互いに尊重し尊敬できる立場になることが対等な立場になれるのではないかと思います。
でも、むずかしいなぁ
これには、やっぱり愛が必要ですね。(^^)

コメントを追加


セキュリティコード
更新

About us

このサイトは、現在july-2020構築中です。

kaga ishikawa japan
Email: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

めんどうな事は、大嫌い!
でも、興味のある事は、面倒なこともいとわない。
何故だろう?
そんなことを毎日のように考えています。

Newsletter