西洋文化との融合

編集中

全体主義の日本と個人主義の西欧の融合による日本人の変化

鎖国中の江戸時代

日本独自の文化は、江戸時代の鎖国で培われたと言われている。
良くも悪くも、その文化は現代にも引き継がれている部分は多いと考えます。
基本的な、日本の全体主義は、江戸時代の5人組のような、全体責任という形で残っています。
だから、個人を攻撃する前に、その個人が所属する団体の方に注目が集まってしまいます。
グループ責任の考え方が、江戸時代の責任の考え方です。
グループの良い点は、共同作業にあると考えます。
小さな個人の力よりも、団体の力を合わせた方が、大きな力を発揮できるからです。
ただ、力を発揮する方向が異なれば、マイナスになる可能性がありますが、団体責任という方法で、回避しています。

西洋の個人主義の文化を融合する

日本人の西洋文化への憧れ、強いものへの憧れ、
それが、鎖国で育まれた江戸時代の職人文化と融合して、西洋の産業を吸収していったと考えます。

日本での西洋文化の急激な吸収は、植民地化を防ぐためのもの

西洋の植民地化は、世界のほとんどの国に及んでいました。
日本は、西洋から最も遠く、また、大した資源もなかったのが植民地化されなかった理由かもしれません。
アメリカは日本の隣の中国を植民地化するために、日本の開国を迫ってきました。
たまたま、アメリカは南北戦争が勃発したので、日本の開国どころではなくなったのが日本には幸しました。
この間、日本は明治維新を行い、富国強兵制作を行って、西洋からの植民地化を防いでいます。

 

 感性重視からスペック重視

コメントを追加


セキュリティコード
更新

About us

このサイトは、現在july-2020構築中です。

kaga ishikawa japan
Email: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

めんどうな事は、大嫌い!
でも、興味のある事は、面倒なこともいとわない。
何故だろう?
そんなことを毎日のように考えています。

Newsletter