IMG 0033

MDK めんどくさい事

人は、それぞれ異なった環境で育ち、異なった考えに洗脳され、その中で異なった選択をする。
人間の数だけ異なった考えが存在する訳です。
時代が変化すれば、考え方も、価値観も変化するのは、過去の歴史からもわかる事。
めんどくさいと感じる対象を、考えてみようと思います。/p>

自分で自分の心の中を聞いて自分の分析をする勇気を持とう

自分自身の中にある、「めんどくさい」部分を勇気を出して、炙(アブ)り出してみました。
写真のカマキリは、自分の色が茶色になっていることに気付かずに、緑色の葉っぱで食べ物を待つ姿です。
「他人の振り見て我が振りなおせ」かなぁ

続きを読む: 自分で自分を分析する勇気

世の中に物は溢れ、いつの間にか自分の周りにはモノがいっぱいになっていた

多過ぎるモノは自分の時間を消費すると考えます。
写真は、京都鉄道博物館です。たくさんの機関車を1カ所で管理すると、こんな仕組みを考えなければならないのか。

続きを読む: 多過ぎる物、モノ

マスコミニュケーションは視聴者に寄り添いすぎていて自身の責任を果していないのでは?

マスコミのめんどくさい

言論の自由を盾にして、好き放題報道するマスコミニュケーション(でも、全部ではなく一部ですが)には、うんざりし、めんどくさい!と最近特に感じています。

続きを読む: マスコミュニケーション

感情でなんでも比較判断することに、疑問が湧くのは何でかな?

現代人は、何でも比較してしまいます。
比較は、情報量やモノ、ヒトが多くなりすぎたためにの選択をするための行為の一つかもしれません。
人間は一人一人異なる能力を授かって生まれてきていると考えます。

続きを読む: 比較と判断

お金という価値は、人間の勝手な思い込みだということを知らなければならない

お金という価値と人間の思い込み(洗脳)と感情と

お金というモノ、紙幣や硬貨という貨幣自身の本来の価値はとても小さいという事実をみなさんが知っておかなければならないと思います。

続きを読む: お金と感情と

日本には、まだまだ、改善可能な「めんどくさい」システムが残っている

これまでは、団体職員や会社員とか、どっかに所属しているときは、事務員の方々が、手続きをしてくれていたのですが、いざ、退職してプー太郎になると、それらの手続きは、全て自分でしなければなりません。

続きを読む: 保険、納税、年金とそして選挙

これからの未来に向けてクルマ社会を考えてみると

日本でクルマを維持するには、普通車で2年に一度(初年度は3年)の車検という制度が存在します。
現在のクルマは、故障がとても少ないのに、なんで、こんなめんどくさい制度が存在するのでしょうか?


続きを読む: 日本の車検制度

家の中に溢れる不要なモノをどうすれば良いのだろうか?

新築の家に入ってから、24年が過ぎて、子供たちは、一人のプー太郎を残して、家を出て行き、お年寄り1名、夫婦で合計4名の生活に数年前になりました。

続きを読む: 20年ぶりの掃除?

子供の頃のことを考えてみると、人間の本質は仲間になりたい、仲間外れになりたくない本能がある(仲間になりたい本能)

誰にでも、仲間になりたい本能がある。
特に、なんらかの団体行動をする時に、一人だけでいることに違和感を感じるのは、人の中にある集団心理の一つなのかもしれません。

続きを読む: 仲間になりたい本能

About us

このサイトは、現在july-2020構築中です。

kaga ishikawa japan
Email: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

めんどうな事は、大嫌い!
でも、興味のある事は、面倒なこともいとわない。
何故だろう?
そんなことを毎日のように考えています。

Newsletter