習慣、固定観念、過去の遺物

「めんどうくさい」ことで、いつも気になる、意味の理解できない習慣があります。

時代が変化し環境が変化しても、守ろうとする習慣があります。

時代の変化で淘汰される自然の法則

時代の変化(環境も含めて)に対応できない事、モノ、人、動植物は、自然淘汰されることを知らなければなりません。
ただ、希少価値が高まれば、生き続けることも可能なものもあるのも事実です。
数十年前に、日本では電話機に繋いでコーピーを送れる、当時では画期的な送信手段FAX(ファックス)がありました。
海外では、パソコンとインターネット、そしてE-メールが、その役割の代用となりましたが、日本では、数年前までFAXが主流でした。
また、現在でも一部の採用試験には、履歴書は、紙に写真を貼って履歴を記入し、会社宛に送付しなければなりませんでした。
世界と交流している現在でも、日本には、鎖国をしていた時の影響が残っているのかもしれません。

時代の変化に対応できない人たち

人間はこうあるべき、旅行はこうあるべき、会社の面接はこうあるべきだ!
そうです、この「〜べきこと」が日本社会の最大のめんどくさいことなのかもしれません。
これまでの経験を重視して、時代の変化に遅れている人たちは、時代に遅れていることにも気づいていないと思います。
日本の産業は、今のところは、過去の遺産(眠っている技術も含めて)が残っているので、当分の間は大丈夫と思いますが、海外の産業に取って代わる、代わったものも数知れずあります。
固定観念という不必要な経験則は、めんどくさいだけですよ。
さらに、日本の敎育は、知識の詰め込み、会話できない英語教育、生活に必要のないむずかしい漢字、etcと過去の有識者の固定観念が作った教育をいまだに引きずってきました。
特に、試験のための教育は、もう、過去のものです。
教育は、学校の名誉のため、指導した先生の評価ため、子供に順番をつけたりするためにあるのではありません。
そして、させられる教育は面白くない、めんどくさいだけですよ。
積極的に自分から知識を習得することは、本来は楽しいことです。

この「あるべき」という言葉は、めんどくさい!固定観念という日本人の最大のマイナス

この言葉は、その人や成功した人の経験則からきている言葉だと考えます。
しかし、どんどん時代は変化し、経済の流れの変化、さらに、地球環境の変化、海水温や気温の変化、さらに天変地異がある可能性など、我々が生き残って子孫を残すには、環境に適合できなければならないという事実があります。
経験則は、短期的には必要なことですが、時代の変化に対応するには、邪魔になることが多々あります。
重大な失敗をしないためには、過去の歴史は重要なことです。

神社のお祓いや、神様、仏様、これらは時代には迎合する必要はないのかもしれない。

これらは、歴史に関することですが、人の考え方が変化すれば、それに携わる人たちも、少し変化する必要があるのだと思います。
ただ、長年で築いたことは、そう簡単には変化しないのかもしれません。
日本は、人間の考えの及ばないこと、天変地異、大きな災害、地震、雷、津波、台風、土砂崩れ、河川の氾濫、大雪など、日本には数々の試練が人間に降りかかってきました。
それは、神様の感情と考えて、その感情を抑えるための、神社であり、そこに大きな力のあった人や山、その他もろもろを祀って人間の願う心で封じ込め、何もなければ、神様に感謝すること。
その感謝のお祝いが祭りとなったと考えることができます。
さまざまな自然現象は、次々と原因が明らかになって、神社の存在は、日本人の歴史という形で残ることになるかもしれませんが、自然淘汰という観点からは、小さなものから無くなっていく可能性はあります。
ただし、神社仏閣には歴史があって、世界に誇れる建造物、木造建築の文化や技術、何百年も続いたそれらの文化は、日本人の心に宿っていることなどを考えると、形を変えながら何とか続けられると思います。

経験則や理論は環境で変化するもの

経験は、短期間には有効なことかもしれませんが、環境因子が一つでも変化したら、無効になる可能性が高いものです。
これは、理論でも同様のことが言えますね!
めんどくさいと感じる心、何か違うぞ!、違和感をかんじるなぁ!ちょっと変じゃないか?
それが、将来、自分たちが生き延びるための、重要な感性なのかもしれせん。

たとえば道路交通法

何年も変わらない制限速度は、本当に必要なのか? その制限速度でないといけない科学的根拠はあるのか?
道路によっては誰も守らない、制限速度は、単なる警察の取締りの点数稼ぎと罰金収入を得るための手段なのかと思うこともある。
もっと危険なことを対象に取り締まりをしたらどうか、と言いたくなることもある。
ただ、ネズミ取りは、抑止力にはなっていると思うけど、戦争をしないための兵器と同じかも(本来は不要ですね)。
それた話をもどすと、道路にはいろんな種類のクルマやバイクが走っています。
さらに、自転車も歩道を走ってはいけません。
道路を走行していて、最も危険と感じるのが、速度差、つまり、原動機付自転車は時速30Kmで自動車は時速50Kmが制限速度の道路があるとすると、その速度差は20Km/hとなります。
秒速に直すと、5.5mなので、結構なスピードで近づくことになります。
当然クルマは、原付というバイクを追い越すことになるのですが、抜く方も抜かれる方もとても危険を感じます。
原付バイクのライダーは、危険を感じるので、迷惑と感じてスピードを上げて走行することになります。
すると、警察は、スピード違反で検挙し罰金を科します。
めんどくさいことになるので、原動機自転車は限定的なところでしか活躍できないことになります。

技術革新という変化

現在の情報の伝達スピードは一瞬で地球の裏側にいる人に到達します。
インターネットという海を跨いだ光ケーブルがその役目をしています。
さらに、近い距離では携帯電話回線が電波で情報をやり取りします。
さまざまな技術革新が、デジタルという制限の中で(執筆中

マネージャー猫の「こたろう」です。

猫には固定観念はなく、体も心もとても柔軟にできています。(習慣はどうかわかりませんが、習性はあります)
前屈だってこの通り、お尻だって舐められるんだから!
猫を見ていると、毎日がトライアンドエラーです。
新しいものを置くと、最初はジーと周りを観察し、新しいものを興味津々じっくりと観察し、匂いを嗅ぎ、触ってみて、少ししてから叩いてみたり、安全を確認すると、遊び出します。
でも、飽きてくると一切触らなくなります。
生きていくための、最善の学びの方法は遺伝子に書かれているのかもしれませんね。
でも、この写真の時の体はどうなっているの???

※この文章はjune-2020に書きました。POP KARAIE 唐家克也

コメントを追加


セキュリティコード
更新

About us

このサイトは、現在july-2020構築中です。

kaga ishikawa japan
Email: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

めんどうな事は、大嫌い!
でも、興味のある事は、面倒なこともいとわない。
何故だろう?
そんなことを毎日のように考えています。

Newsletter