お金と感情と

お金という価値と人間の思い込み(洗脳)と感情と

お金というモノ、紙幣や硬貨という貨幣自身の本来の価値はとても小さいという事実をみなさんが知っておかなければならないと思います。

お金、マネーとは何か?

お金を例に出しましたが、貯金通帳、証券、など、われわれは価値があると思っていますが、本当はどうなのですか?
これは、世界各国の国が保証する各国のお金、銀行、保険会社が保証するモノです。
これは、信用で成り立つシステムです。
反対に考えれば、これらを保証する団体が、保証をやめた瞬間に消えて無くなる価値ですね。

デジタルマネー(電子マネー)は、どうか?

基本は同じですが、物理的な物質は無いですが、デジタルデーターとして数字としてあります。
これに、信用を付加すれば、デジタルマネーとして使えることになります。
紙幣や硬貨と同じのマジックです。

デジタルマネーのメリットは、

お金という物質に接触する必要がないので、感染のリスクは低くなる。
デジタルデーターなので、足したり引いたり計算はコンピューターが勝手に行うので、プログラミングにバグがない限り正確に行うことができる。
当然、おつりという概念がない。
現金を持ち運ぶ必要がなければ、銀行に行く必要もない、振り込み等は、スマホから金額面を入力してボタンを押すだけでできる。
我々人間の人生という限られた時間の、お金に関すること、銀行に行って待ってから振り込みしたり、お金を下ろしたり、そのような時間が必要なくなる。
これにも当然、信用と保証と強力なセキュリティーが必要になります。

デジタルマネーに対する感情

なかなか、デジタルマネーに移行できない人たちは、お金に対する固定観念があって、時代の変化に対応できない人たちということが言えます。
お金に対する固定観念とは、紙幣や硬貨や証券の紙自体に価値があると思っていること。
めんどくさいけれど、自分もそのように思います。
しかし、人間社会の環境が変化してきているので、環境に対応できない人たちは自然淘汰されることになるのです。(すぐではないが)
お金に対する感情を考える場合に、デジタルマネーを例に出しましたが。

お金と感情の関係

お金を大きく扱う商品に、株式投資という価値があるとします。
現在では、株券という証券はデジタルに変わってきたので、ペーパーはほとんどないと思いますが、
この株式の株価の決定は、株主の売買によって成立しています。
安く買って、高く売れば、儲けが出る仕組みです。
企業は、毎年、利益を上げることで、株主に配当金を出します。
人間は、すべて感情で動いていると言われています。
ところが、経済も人間の感情で動いているのです。
そして、株価も人間の感情で乱高下します。
人間同士の間にお金の関係を導入すると、お金で人間を動かすことができるということ。

お金には本来価値はない単なる道具

人間は道具だったお金に価値があると錯覚しているので、その道具に人間の感情で動き、反対にそのお金という道具で人間を動かすことができるようになりました。
めんどうくさいけれど、我々人間は、単なる道具に感情移入し動かされているということです。
だけど、世界全体のシステムの中に住んでいる私も同様に、お金という単なる道具に、自分の人生の時間を削って、生かされている現実を考えると、松本零士の「銀河鉄道999」のことを何故か考えてしまいました。
自分も、お金という道具に操られて、社会の中の単なる歯車の一つだったんだと認識したわけです。

お金に左右されない生き方

自分の感情を支配されなければ、お金という道具は、とても便利な道具です。
世界に旅行に行くことも、欲しいものを買うこと、世界中の食べ物を、持っているお金の分だけ使える便利な道具です。
「猫に小判」という言葉がありますが、価値の知らない猫にとっては何の意味もないという比喩ですが、我々人間はお金の価値を過大評価しているのかもしれません。
猫を見習って、めんどくさいから小判なんてどうでもいいよ!というくらいの生き方の方が楽に生きられるのかもしれません。(難しいですが)

お金は便利な道具であるけれど、自分の心まで差し出すような行動はしないでくださいね(^^)。

コメントを追加


セキュリティコード
更新

About us

このサイトは、現在july-2020構築中です。

kaga ishikawa japan
Email: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

めんどうな事は、大嫌い!
でも、興味のある事は、面倒なこともいとわない。
何故だろう?
そんなことを毎日のように考えています。

Newsletter