「めんどくさい」けど「おもしろい事」

編集中

「めんどくさい」と思いながら、「おもしろい」こともある。

「めんどくさい」のに「おもしろい」ことってなあに?

ずばり、趣味ですね。
自分は、バイクに乗りますが、東京で2年間暮らしていた時期がありました。
その頃は、バイクが好きで好きで、いつでも乗っていたいと思っていたのですが、就職直後ということもあって、頭の中が仕事でいっぱいになったことがありました。
正直言って、都会でのバイクライフは楽しくありませんでした。
バイクという乗り物は、気持ちよく乗るには、経験上、周りの環境に大きく影響されてしまいます。
一つは、天候で、雨や雪では乗りたくないし、また、寒さや暑さにも大変弱い乗り物です。
さらに、都会の交通渋滞や信号待ち、バイクを軽視している車の挙動など、敵はいっぱいいます。
そして、最終的には、道路環境です。
天候の気持ちの良い、景色が綺麗で見通しが良く、さらに、自分以外の車やバイクが走っていない、自分の好きなスピードで気持ちよく走れる状態が理想です。
理想環境と気持ち良さが合体すると、バイクに乗るのがやめられなくなります。
しかし、バイクはとてもめんどくさい乗り物です。
ヘルメットやグローブ、身に着ける安全や、雨が降ればカッパを身に付け、暑い時には暑さに耐え、寒い時には寒さに耐え、これらの忍耐を経験するだけで、嫌になってしまいます。
本当に、気持ち良さの一瞬のために、準備し、耐えながら、次の気持ち良さのために走っているのかもしれません。

キャンプも同じです。
自分は、ソロキャンプしかしませんが、暑い時や寒い時は、キャンプには行きません。
ただ、行きたい気持ちはあるのですが、暑さ寒さを何度も経験すると、少し億劫な(めんどくさい)気持ちになっているのです。
でも、気持ちの良いシーズンに、高原なんかでキャンプで焚火をしながら、ビールを飲んで、焼肉やステーキを食べると、生きててよかったなと思えたりします。
この何とも言えないことが、めんどくさい感情を消し去ってくれます。(そうでもないこともある)

なあに?の答えは、準備は「めんどくさい」けれど、楽しむ段階で「おもしろい」ことかなと思うようになってきました。

めんどくさい感情を消し去るもの

一つは、欲求という感情だと考えます。
趣味は、〇〇したいという欲求で、欲求が欲求を呼ぶと「めんどくさい」を忘れてしまいます。
さらに、気持ちの良い体験をすると、その気持ち良さを、また、体験したくて、さらにのめり込みます。
それ以上の体験、もっと、もっと要求が高くなっていきます。
さらに、その先を求めて、彷徨ってしまうこともあるので、めんどくさいですね。

個人の欲望

「めんどくさい」を消し去る欲望ですが、欲望には限りがないのも困ったものです。
「めんどくさい」という感覚は、自分のしていること、考えていること、それらが、現在の環境に適しているかどうかを測るバロメーターになっていると考えていましたが、実際に、自分の欲望のことに関しては、通用しないことがわかってきました。
「めんどうくさい」と思っていても、欲望の方が勝ってしまいます。

欲望の制御は

個人の欲望の制御は、自分でしかできません。
「足るを知る」この言葉で、自分は自分の欲望を制御しています。
でないと、多くを求めてしまって、もっと「めんどくさく」なってしまいますから。

集団の場合はどうでしょうか?

人の不幸、対岸の火事、
残酷なことに対して、快感を得ることもあります。

面白い事は、欲望も含まれる。

人間は、欲望のためには、何でもしてしまう習性があるようだ。

コメントを追加


セキュリティコード
更新

About us

このサイトは、現在july-2020構築中です。

kaga ishikawa japan
Email: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

めんどうな事は、大嫌い!
でも、興味のある事は、面倒なこともいとわない。
何故だろう?
そんなことを毎日のように考えています。

Newsletter